電話占いは正しく使えれば非常に心強い支えとなってくれるものですが、中には悪質な占い師もいます。そうした占い師に当たってしまうと鑑定時間を無理やり長引かせられたり、「あともう少しで解決できるから連絡をたやしてはダメ」と占い師に何度も電話するように催促されたりというように、お金をどんどん使わされてしまいます。
そしてそのうちに「この占い師のいうことが絶対」と思い込んでしまうようになる、つまり占い師にマインドコントロールされている状態になってしまうのです。

占い師によるマインドコントロールされやすい人の特徴として、真面目な人があげられます。真面目な人は占い師に言われたことを忠実に守るのでそこを突かれていいように洗脳されてしまうのです。
また大きな悲しい出来事があって心が弱っている人も注意が必要です。そうした弱っている心に漬け込む悪徳占い師は多いです。占いに頼りたくなる気持ちもわかりますが、心が弱っている時は占いよりも身近な信用できる人やカウンセラーなどの専門家に相談するのがおすすめです。